2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

サンダーストーン 攻略 第2回:勇者・僧侶編

サンダーストーンの攻略第2回、今回は勇者カード「僧侶」を評価します。

<勇者カード:スペックの説明>
カード名
レベル、タイプ、コスト、体力、レベルアップに必要な経験値、明かり補正、勝利点
能力

<評価の説明>
評価S ★★★★★★:神。
評価A ★★★★★☆:強力カード。このレベルを多く取りたい。
評価B ★★★★☆☆:まあまあ強い。
評価C ★★★☆☆☆:普通。狙えるなら、もう少し上位のカードを狙いたい。
評価D ★★☆☆☆☆:限定的に役には立つ。
評価E ★☆☆☆☆☆:絶対にいらない。これを取るなら、休んだほうが良い。


【チャリスの探索者】
レベル1、タイプ:戦士・僧侶、コスト:7、体力:5、EXP:2
攻撃+2
ダンジョン(くり返し):病気1枚を廃棄することで、カード1枚を引く。

評価:B ★★★★☆☆
基本スペックはいたって普通。
しかし、不要な「病気」を廃棄しながら、有効なカードをドローできる可能性があるこの能力は強い。
しかもこの能力は(くり返し)使用できるのだ。

【チャリスの守護者】
レベル2、タイプ:戦士・僧侶、コスト:10、体力:6、EXP:3
魔法攻撃+3
ダンジョン:明かりを生み出すアイテム1枚につき攻撃+1。
ダンジョン:カード1枚を引く。
ダンジョン(くり返し):病気1枚を廃棄することで、カード1枚を引く。

評価:A ★★★★★☆
強い。ドロー能力で1枚引き、それが病気であれば、さらに次も引ける。
明かりアイテムによるボーナスは、ゲーム序盤では「たいまつ」による補正を受けることが多くかなり役に立つ。

【チャリスの守護者】
レベル3、タイプ:戦士・僧侶、コスト:12、体力:7、勝利点:2
魔法攻撃+4
ダンジョン:カード1枚を引く。
戦利品(村)。

評価:S ★★★★★★
病気廃棄能力を忘れてしまったのは痛いが、代わりに覚えた能力が戦利品(村)であれば文句は言うまい。
なんとしても、ここまでレベルアップさせるべきだ。

【レギアンの僧侶】
レベル1、タイプ:僧侶、コスト:5、体力:4、EXP:2
魔法攻撃+1
ダンジョン(くり返し):病気1枚を廃棄することで、カード1枚を引く。

評価:C ★★★☆☆☆
良いダンジョン能力を持っているのだが、基本スペックが低すぎる。
出来る限り早く、次にレベルアップさせたいところだ。

【レギアンの神官】
レベル2、タイプ:僧侶、コスト:8、体力:4、EXP:3
魔法攻撃+2
ダンジョン:カード1枚を引く。
ダンジョン(くり返し):病気1枚を廃棄することで、カード1枚を引く。

評価:B ★★★★☆☆
やはりダンジョン能力は強いのだが、基本スペックが物足りない。
ダンジョンでのドローエンジンだと、割り切るしかない。

【レギアンの司教】
レベル3、タイプ:僧侶、コスト:11、体力:5、勝利点:2
魔法攻撃+3
ダンジョン:カード2枚を引く。
ダンジョン(くり返し):病気1枚を廃棄することで、カード2枚を引く。

評価:S ★★★★★★
レベル2までの物足りなさが嘘のようなハイスペック。
ダンジョンでのドロー2能力が相当に役に立つのはむろんのこと、「病気」を1対2交換できてしまうとは恐ろしい。
体力も5に増えたことで、「フレイムソード」が装備可能に!


<評価の注意点>
・日本語化された第一弾のみをカードプールとしています。
・カード評価は後ほど適宜変更する可能性があります。


サンダーストーン 完全日本語版
サンダーストーン 完全日本語版

次回は、魔術師ですね。
スポンサーサイト
.24 2010 サンダーストーン comment0 trackback0
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。